パートとして介護職で働く魅力

出産を前にすると、体力的な問題や体型的な問題、健康面から、それまでと同様の仕事をこなすことは難しい。これは、女性が多く、出産に対して理解のある介護職でも同様である。特に、精神的にも肉体的にも負担の大きな介護度の高い施設で働くことは出産前の妊婦には難しい。妊娠や出産を迎える女性のための制度というものもあるが、必ずしも万全ではない。制度を利用して時短勤務を選ぶという方法もあるが、子どもがある程度成長すればフルタイムの仕事に戻らなければならないからだ。出産後に体調を崩すこともあれば、子育てに時間を割きたいこともあるだろう。そのような際に役立つ働き方が、パートという働き方だ。

パートという働き方を選べば、まず職場を選ぶことができる。介護職の中でも、介護度の低い施設を選べば、身体的な負担は大きく軽減する。身体介護がそれほど大きなウエイトを占めていないならば、出産前や出産後すぐであっても比較的働きやすいだろう。また、時短勤務もかなえやすい。パートの働き方は、働く時間の融通が利きやすい。午前中だけや子どもが通学した後だけなどといったように細かく働く時間を指定することも可能だ。

また体力的にも、ライフスタイルとの両立もしやすいという点でパートは魅力的だ。加えて、介護職は実績を重視して採用する傾向がある。正社員として介護職で働いていたならば、パートへの転職もしやすいうえに、パートから正社員に転職する際にも、比較的有利に働く可能性が高いだろう。仕事の経験を途切れさせることもない。

More Posts

  • 2024年6月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • エントリー
  • アーカイブ
  • カテゴリー
  • 最近のコメント
    • メタ情報